ハリーポッター3D映画に:ニュースな話

ハリーポッター3D映画に

ハリーポッターがついに完結編を迎えることになりました。
ハリーポッターに出演していた子供もすっかり大人になって
しまいましたね。

これまでに上映された過去6作品は、すべてが世界中で大ヒット
を収めています。興行収入の全世界合計は、なんと795億円。
日本でもテレビで放送されたり、レンタルビデオ店で常に
貸し出し中だったりと、人気は凄まじいものがありますね。
完結編2部作が3Dになることで、過去の作品の人気も再燃
することは間違いないでしょう。

完結編のタイトルは「ハリー・ポッターと死の秘宝」で
前編と後編にわかれる2部作となる予定です。
前編は今年の11月19日、後編は来年の6月10日に上映を
予定しており、早くも注目を集めています。

もっとも、最大の注目を集めているのは、3D映画として上映
されるという情報でしょう。映画「アバター」以来、興行収入
の記録を塗り替え続けている3D映画ですが、ハリーポッターが
3Dで見ることができたらと思うとワクワクしますね。
ただでさえCGを多用して迫力あるシーンが多いのに、それらが
3Dで見れると思えば、ハリーポッターファンでなくても、
とりあえず劇場に足を運ぶ価値はありそうです。

主人公のハリーもロンも、ハーマイオニーも、劇中では17歳
という設定ですが、やっぱり無理がありすぎます。欧米人は
ただでさえ大人っぽく見えますから、まさに今回の作品が
ハリーポッターの締めくくりとなるでしょう。撮影は間もなく
クランクアップを迎えるそうですが、はたしてどこまで子供っぽく
振舞えるのか、3人には大いに期待したいところです。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
シネマトゥデイニュースURL
ライブドアニュースURL
イザ!ニュースURL

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。