サッカー日本代表 イングランドに善戦:ニュースな話

サッカー日本代表 イングランドに善戦

ワールドカップ開催までもう少しのため本番前の調整試合でも
激しさを増してきました。

この本番直前の状態では、どこのチームだって、あくまでも本番前
の調整と考えて全力のプレーを披露することはないはずなんですが
日本代表に限っては、そんなことは言ってられない様子がひしひし
と伝わってくる試合でした。

5月30日、オーストリアのグラーツで行われたイングランドとの
練習試合では、日本代表のメンバーが泥臭い、必死のプレーを
見せてくれました。相手は優勝候補に数えられているイングランド
でしたが、結果は1対2。完全に競り勝ってボールを支配した
場面もあっただけに、今回の試合ぶりには日本のサッカーファンも
少しは納得できたようです。

取られた2点は、いずれもオウンゴール、自殺点だったことが
印象的でした。もし自殺点がなかったら、ひょっとして勝っていた
かもしれない試合内容です。ディフェンスの要である中澤、闘莉王
がそれぞれ1点づつのオウンゴール。どうにもしまらないといえば
それまでですが、あきらかに最近の日本代表とは雰囲気の違う
試合ぶりに、多くのファンが納得しています。

圧巻だったのは闘莉王のダイビングヘッドでした。鬼気迫る迫力で
ボールに食らいついた闘莉王の泥臭さ、必死さが、他のメンバー
にも伝播していくといいですね。

結果は負けでも、イングランド相手に先制したこの日の日本代表
は、途中まで「勝ってしまうかも」と思わせるほどだったのが
本当に収穫だったと思います。後半はみんな運動量が落ちて
いましたが、これでなんとか、本番に期待をつなぐことができ
そうです。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
イザ!ニュースURL
ライブドアニュースURL

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/152064869

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。