ヤクルト高田監督辞任:ニュースな話

ヤクルト高田監督辞任

連敗が続いたことでヤクルトスワローズの高田監督が辞任を
表明しました。
パリーグとの交流戦も開幕から白星なしの9連敗とまったく
いいところなしのチームに、監督辞任で復活の兆しは見えて
来るのでしょうか。

日本ハム時代はゼネラルマネージャーとして日本一に導き、
野球界ではその手腕を高く評価されていた高田監督ですが
ヤクルトのチーム育成には、どうやら足りないものが
あったのかもしれません。

2008年に監督に就任して以来、1年目は5位、2年目は
クライマックスシリーズに進出しての3位。フロントは補強に
ほとんどお金をかけない主義のヤクルトであることを考えれば
この成績は最悪というほどでもありませんが、いかんせん今年の
成績が悪すぎるようです。

今季の成績は13勝32敗1分け、借金19。おまけに交流戦は
9連敗という泥沼状態では、選手も監督もモチベーションは
上がらないでしょう。

そして26日の朝日新聞に載った記事が、高田監督の辞任を
決定的なものにしたと、ネット上では大変な噂になっています。

試合前、必ず時間を割いてファンにサインをする高田監督が、
少年から「やめちまえ!」とやじられたと、朝日新聞に
報じられていたのです。

まさか少年に面と向かって「辞めちまえ!」と言われたんで
しょうか? 朝日新聞もその辺きっちりと書いて
ほしかったんですが、残念ながら状況の記載はありません。
しかし、ホントに子供にこのセリフを言われたら、
相当堪えますよね。

勝負の世界は残酷、子供も残酷、朝日新聞も残酷だと、
つくづく感じてしまう記事でした。

[補足]29日の試合でヤクルトは打線が16安打11得点の猛攻で
オリックスを圧倒し、連敗を9でストップ。交流戦初勝利を
挙げました。
【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
イザ!ニュースURL
ライブドアニュースURL

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/151523579

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。