Sony + Google = SonyInternetTV:ニュースな話

Sony + Google = SonyInternetTV

液晶テレビも成熟期を向かえ、国内の各TVメーカーは、他社と差別化を
図る時期になってきました。そしてソニーは、検索エンジン最大手の
グーグルと業務提携し、新しいTVを発表しました。

提携の内容は、世界初の「Google TV」プラットフォームを採用
したテレビ「Sony Internet TV」の開発及び販売です。

内容はAV家電製品と、アンドロイドプラットフォームを
組み合わせた新しい製品の開発・提供で、具体的には、
テレビが見れ、パソコンも使え、アンドロイドが使えるという
いいとこどりの製品ですが、ソニー製品の高品質と、グーグルの
良質なサービスが盛り込まれた商品であるのならば、これは
期待してもよさそうですね。

問題は操作性でしょうか。機能が多くなってくると操作が
複雑になるのは目に見えていますが、この点に対しても
「Google TV」プラットフォームは開発段階から入念に
対策を練っているようです。

簡単なユーザーインターフェイスを実現し、パソコン同様に
ストレスを感じずにインターネットにアクセスできるテレビ。
マルチタスクを実現し、さらにアプリケーションまで
ダウンロードすることができ、ユーザーの好みで機能を拡張
していける新製品に仕上がれば、これはもう次世代テレビ
といっていいかもしれません。もしくはテレビとインターネット
の情報コミュニケーションテレビともいえるでしょう。

ソニーの長年の課題だった「ハードとソフトの融合」は、
ソニー単独の力では実現できないということでしょうか。
商品のコンセプトは画期的というほどではないにせよ、
市場に受け入れられる可能性がとても高い企画に見えます。
いままで自社開発にこだわり続けてきたソニーがグーグルと
提携したこと自体に、若干の違和感を感じる人が多いかも
しれませんね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
ライブドアニュースニュースURL
イザ!ニュースURL
ITメディアニュースURL

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。