アパパネとサンテミリオンが同着優勝:ニュースな話

アパパネとサンテミリオンが同着優勝

雨の中で行われた府中の第71回オークス(G1)で、中央競馬史上初
となる出来事がありました!

蛯名正義騎手が騎乗した1番人気のアパパネ(牝3歳、美浦・
国枝厩舎)と、横山典弘騎手のサンテミリオン(牝3歳、美浦・
古賀厩舎)が、ゴール前の直線で壮絶な叩きあいを演じた結果、
G1レースで初めての同着優勝となりました。
長い写真判定の末、1着となったアパパネはこれで2冠。
桜花賞、オークスと制した11頭目の牝馬となりました。

また、サンテミリオンはG1初制覇。騎乗した横山騎手も
オークスは初めての勝利ということで、こちらもおめでたい
雰囲気一色に包まれたようです。

3歳の牝馬には長すぎるとよく言われる府中競馬場の
2400mですが、天候の悪化で馬場状態もわるく、馬たちには
大変な負荷がかかったようです。タイムも2分29秒台、100
メートル長い有馬記念とほとんどタイムが変わりません。

それでも最後の直線は大変な見ごたえがありましたね。蛯名騎手が
アパパネの首をグイグイ押しつけて剛腕を披露しましたが、あれが
なかったら体勢でサンテミリオンに独り勝ちされていたかもしれません。

毎年、クラシックレースの有力馬に騎乗していた武豊騎手が、
今年は怪我の影響で騎乗することができませんでした。ダービーも
絶望的と見られている武豊騎手ですが、馬券的には本命騎手不在で
妙味が出るかもしれませんね。

牝馬2冠を制したアパパネが、秋華賞、エリザベス女王杯と駒を
進めるのが今から楽しみです。
来週はダービーですが、レーヴドリアンを応援しています。がんばれー。

【関連ニュース】
GIGAZINE
Yahoo!ニュース
イザ!ニュース
ライブドアニュース

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/151006049

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。