ストリートビューで個人情報を誤収集:ニュースな話

ストリートビューで個人情報を誤収集

米Googleの公式サイトによると、Googleがストリートビューの
情報収集を行っていた撮影車両が、誤って無線LANの通信内容まで
収集していたことが、明らかにされました。

グーグルのサービスですっかりおなじみとなっているストリート
ビューですが、これはグーグルの車両が地図と合わせて表示する
町の写真を撮影して繋ぎ合わせていたんですね。

これまでグーグルは、、「ストリートビュー車両ではSSIDやMAC
アドレスなどのWi-Fiネットワーク情報を収集しているが、
ネットワークを介して送受信されている情報(ペイロードデータ)
は収集していない」と説明してきました。しかし、ドイツの
情報保護機関からの監査要請を受けて、改めて調べ直した結果、
パスワードで保護されていないWi-Fi接続経由で送受信された
ペイロードデータを断片的に収集していたことが判明した、
というものです。

この誤った情報収集に関して、グーグルは。「手違いで収集した
データはごく断片的なものにすぎず、こうしたデータをGoogleの
製品に利用したことはない」と強調しているようです。

グーグルは2006年にWi-Fiのペイロードデータを収集する
コードを試験的に開発していますが、このコードが、ストリート
ビューの情報収集ソフトウェアに手違いで入り込んでしまった
のが原因と見られています。

今回のケースについてグーグルはすんなりと誤りを認めており、
すでに第三者へ問題となったソフトの調査を依頼している
ようです。さらに再発防止のため、作業手順についての見直しを
行うことにも言及しています。

また、問題の発端となったストリートビュー車両の調査
については、「今後一切ストリートビュー車両でWiFiネット
ワーク情報を収集しない」とも宣言しています。

【関連ニュース】
Yahoo !ニュースURL
ライブドアニュ ースニュースURL
イザ !ニュースURL
I TメディアニュースURL

TrackBack (0) 話題のニュース

この記事へのトラックバックURL

http://blog.seesaa.jp/tb/150494373

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。